〒410-8543  
  沼津市高島本町1-3  東部総合庁舎2階

   ☎ 055-922-1748
tabemono@numazu-shokkyo.net
  
 
 
   

  の食肉の生食用としての販売等の禁止について
 

平成27年6月12日から豚の食肉(豚の内臓を含む)を生食用として販売・提供することが禁止されます。

   厚生労働省ホームページ(外部サイトへリンク)

 概要

  豚の食肉等は、寄生虫の感染や食中毒菌による食中毒の危険性があることから、加熱して食用に供されることが一般的でした。しかしながら、近年、豚肉の生食が原因と考えられる食中毒の発生も報告されていることから、関係事業者に対して、必要な加熱を行って提供するよう指導を行ってきました。このような中、厚生労働省の薬事・食品衛生審議会食品衛生分科会において、食品衛生法に基づき、豚の食肉の生食用としての販売等を禁止することが承認され、平成27年6月2日に食品衛生法による規格基準において、新たに豚の食肉の基準が追加されました

       
 
「ノロウィルス」に対応の あんしんフード君(共済保険)  
 
  食 と 健康 5月号     掲載内容 
 特集1
         野菜とその加工品を
    原因食品とした食中毒予防対策

    
特集2
    消費者保護と
    
食協会員の経営安定のために
    「あんしんフード君」に
         加入しましょう!



     食の安全ウソ・ホント
       人にとって金属元素は必要か⑫

     指導員のひろば
       食品衛生指導の工夫
           
(横浜市支部 西区支所)

     現場トラブル解決術
        異味・異臭について

     いい味見つけた!
              どぜう鍋、
              東京ミニバーム 武蔵野日誌、
              中村屋純印度式カリー、
              会席料理・上ちらし・天茶そば(東京都)
          
   
            



      「食と健康」    毎月1日発刊 
           1部 600円

        
年間 7,200円(送料サービス)
       ※ご購読希望の方は、沼津食品衛生協会にお申込みください
                                        
 「食品衛生協会」「食品衛生センター」を名のり、代表者名を尋ねる等、
会費の徴収にかかわる不審な電話が最近多くなっています。
そのような電話がかかってきた場合は即答せずに相手先の電話番号と名前を確認し、いったん電話を切って、各担当地区の食協に確認の電話を入れてください。
     沼津食品衛生協会 〒410-8543  
        沼津市高島本町1-3 東部総合庁舎2階
          Tel・Fax     055-922-1748
          Email    tabemono@numazu-shokkyo.net